【妊娠26週】私の妊娠日記|妊娠26週のママと赤ちゃんの様子は?

f:id:a-a-chan:20200131023636p:plain

妊娠25週の妊婦健診で行った糖負荷検査に引っかかった私。

ついでに体重も許容範囲だけど、そんなに増やさないでねと言われた私。

さてさて、26週はどうやって過ごそうかな?

 

妊娠7ヶ月の赤ちゃんは急激に大きくなります。

それに合わせてママのお腹も急に大きくなったと感じるかもしれません。

そんな26週の私の様子と(笑)妊娠26週のママと赤ちゃんの様子も紹介します。

 

 

私の妊娠26週

食生活の見直し

糖負荷検査に引っかかったのが結構ショックでした(笑)

まさか引っかかるわけないだろうと油断をしていました(ーー;)

思い返してみると「いや、これ絶対アカンやつやん」という食生活でした。

 

まずケーキを沢山食べていました。

そして、毎日チョコレートなどのお菓子を食べていました。

冷蔵庫を開けるたびに一口チョコレートを食べていました。

 

絶対アカンやつでした。

なので、健診後からはお菓子をほとんど食べない生活に変更しました!

(それがマタニティライフの正解だ!)

次回の健診では2回目の糖負荷検査があるので、そこでは良成績(?)でクリアしてやりますよ!

www.yurukanmama.com

www.yurukanmama.com

 

腰痛

妊娠初期から腰痛に悩まされていましたが、今結構痛いです。

娘が抱っこをせがんでくるので、それが辛いです。

毎日トコちゃんベルトに頼っています。

(私のブログでは『トコちゃんベルト』というワードが頻回に出てきます)

 

www.yurukanmama.com

 

お腹の張り

お腹が大きくなってきて膀胱が圧迫されてるからか、尿意を感じたら結構お腹が張る回数が増えたように感じます。

また、1月で寒いのでそれだけでお腹が張ります。

なので予防的にウテメリン(子宮収縮抑制薬)を内服しています。 

www.yurukanmama.com

 

妊娠26週のママの様子

体重増加

妊娠中期の後半から妊娠後期にかけてお腹が大きくなるので、運動量が減る傾向にあります。

そのため体重が増えやすいので、無理のない軽い運動を心がける必要があります。

散歩やストレッチ、気をつけながら階段の昇降なども良いでしょう。

 

ですが、運動をしてお腹の張りがあるようなら無理はせずに安静にしましょう。

 

仰向けになると血圧低下になる可能性が

仰向けになると足の太い血管(下大静脈)が子宮に圧迫されて血圧が低くなり、気分が悪くなったり、冷や汗が出たりします。

仰向けで苦しいと感じた時は横向きになったり、楽な姿勢で寝ましょう。

抱き枕を使うのも良いですね。

 

動悸や胃もたれなどの症状が出ることも

お腹が大きくなると心臓や胃を圧迫するようになって動悸や胃もたれ、吐き気などの症状が出てくることがあります。

辛い時は産婦人科の先生や助産師さんに相談をしましょう。

 

妊娠26週の赤ちゃんの様子

胎動が活発

身体の器官はほとんど完成しており、神経も発達しているため自分の意思で身体を動かせるようになります。(凄い!)

赤ちゃんが手足を伸ばしたり曲げたりするので、ママは胎動として感じるでしょう。

 

呼吸の練習や授乳の練習

赤ちゃんは羊水を飲み込み肺呼吸の練習が始まっています。

また、羊水を飲むことで口周りの筋肉が発達し、口と唇の神経が敏感になり 母乳を飲むための準備をしています。

生後間もない赤ちゃんは視力が弱いので、口と唇でおっぱいを探し当てられることは重要な能力でもあります。

 

男の子は精巣下降が始まる

はじめは胃の下辺りにあった精巣が、26週頃から少しずつ下降して(精巣下降)産まれる時期が近づくと睾丸の中に入ります。

 

 

赤ちゃんは目まぐるしい早さで成長をし、お腹の中で頑張ってくれています^ ^

ママは無理せずに過ごすこと、体重が増えすぎないよう引き続き注意が必要になりますね!

 

www.yurukanmama.com

www.yurukanmama.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA