ゆるかんママブログ

1児の看護師ママが妊娠・子育て・日々の事・看護関係についてゆるーくブログをお届け!

【仰天体験談】看護師ママが出会った仰天看護師との衝撃エピソードを紹介

看護師の仰天エピソードを紹介する画像

 

f:id:a-a-chan:20200228172500p:plain
あーちゃんママ

どうも、あーちゃんママです!

突然だけど、夫くんは『看護師』ってどんなイメージがある?

 

f:id:a-a-chan:20200228172456p:plain

(あーちゃんママは違うけど)『白衣の天使』かなぁ?

 

そうです、

看護師=白衣の天使と巷ではよく言われていますよね^ ^

 

ですが看護師って意外と

変わり者が多いです(笑)

 

f:id:a-a-chan:20200228172500p:plain
あーちゃんママ

そんな変わり者の多い看護師。 

私が出会った珠玉(?)の
仰天看護師を紹介します。

 

こちらもぜひ!↓

www.yurukanmama.com

 

 

 

 

仰天看護師プロフィール

★女性

★30代後半の独身

(当時は。なぜ結婚出来たのか謎) 

★やや…いや、結構ふくよか

(私は陰で『デブス』と呼んでいた)

 

f:id:a-a-chan:20200228172500p:plain
あーちゃんママ

この時点で気付いたと思いますが、私は結構性格が悪いです。

 

仰天エピソード

その看護師とはどんなエピソードがあったのか。

ではでは、見てみましょう!

右手を上げてどうぞとジェスチャーしている看護師

 

やたらパワーストーン付けがち

私の働いている病院は看護師はアクセサリー類が禁止されています。

(なぜ医者は何も言われないのか謎)

 

それはデブスも承知のはずなのですが、なぜかパワーストーンを手首に付けていました。

年齢的に結構上の方なので、まず後輩はその事に突っ込めません。

そして上司もなぜか突っ込みません。

 

デブスいわく、「このパワーストーン結構良いよ!」とのこと。

何かの勧誘か…?

私にとってはどうでも良かったので、何が良いのかは全く覚えていません(笑)

 

霊感あると言いがち

クレイアートで作られたお化けたち

医療関係者で霊感があるという人がチラホラいます。

デブスも霊感があるらしい。

 

当時一緒の看護師寮に住んでいて

「ここ(寮)は変な霊が入ってくるから窓開けて寝ちゃダメだよ」

「寮は看護師しかいないから霊を連れて帰ってくる人が多い」

などと言っていました。

 

ふと、私はデブスに

「今おばけいますか?」と聞いたことがあります。

 

デブス「うーーーん、あまり良い感じはしないよね。」

 

f:id:a-a-chan:20200228172500p:plain
あーちゃんママ

うん。この人に霊感はないな!

 

ダニに刺されすぎ

デブスが看護師寮から別のマンションに引っ越してから時が経ったある日。

 

デブスの全身が発疹(いわゆるブツブツ)だらけになっていました。

理由を聞くと、ダニが大量発生したとのこと。

そのため寝具やカーペットなどを全て一新したのだそう。

 

いやいやいや。

私も結構ズボラな方だけど、ダニが大量発生なんてしたことないぞ!?

 

その話を聞いて思わず笑ってしまいました(笑)

 

見る目なさすぎ

2つの指輪を並んで置いている写真
私は結婚してから、職場でも結婚指輪をしていました。

オーダーした指輪で、20万円近くした結構こだわりのある指輪。

 

そんな私の指輪の値段を聞いて

デブス「え!?そんなに高いの!?何で!?だってそれシルバーだよね?」

 

f:id:a-a-chan:20200229173546p:plain
あーちゃんママ

馬鹿野郎。

シルバーなわけないだろ。

プラチナじゃ馬鹿野郎。

この発言一生忘れない。

 

看護師で30代後半でお金も持っててプライドも高くて…

けど全然見る目ないなと思いました。

   

こんなにディスったけど良い所もある

デブスの事をディスっちゃいましたけど、

デブスにだって良い所もあります!

右手でOKのジェスチャーをしている看護師

 

年賀状を毎年くれる

デブスが寿退社をして地方に引っ越してから、毎年年賀状をくれます。

こんな関わりの少ない後輩にも年賀状をくれます。

結構マメです。

 

間違って患者さんのおしっこをかけちゃっても怒らない

笑顔の看護師のイラスト

私が夜勤の責任者をし始めた頃、不慣れなためとても緊張しながら夜勤をしていた時期がありました。

 

看護師業務の1つで、患者さんの尿量測定があります。

尿量測定は新人の頃から毎日していたので、慣れている業務です。

 

ですがその日は緊張からか手が滑ってしまい

患者さんの尿をデブスの足にかけてしまいました(ーー;)

しかもまぁまぁな量(ーー;)

 

これは正直笑えなかったです。

物凄く謝りました。泣きそうになりました。

今でも「あの時は本当に申し訳ありませんでした」と思います。

 

すぐに謝罪をし、どうしよう!?と思っていましたが、デブスは「大丈夫だよ」と声をかけてくれました。

内心かなり怒っていたと思いますが、私が終始緊張していたのを知っていたので怒らずにいてくれました。

 

f:id:a-a-chan:20200228172500p:plain
あーちゃんママ

とっても心が広い方なんです!

 

まとめ

いかがでしたか?(笑)

全て事実ですが、かなり好き勝手に書いてしまった感(^^;;

 

看護師って変わり者が多いんだよってブログでした!

 

こちらもぜひ!↓

www.yurukanmama.com

www.yurukanmama.com

 

www.yurukanmama.com

www.yurukanmama.com

www.yurukanmama.com